中尾孝年・宣伝会議

広告史に残る話題作となった、アイスの実「AKB48江口愛実登場」を手掛けた電通のクリエイティブ・ディレクター、中尾孝年

「たった一つの答えを探す」、この頭の使い方がダメ!99+1=?、こういう頭の使い方じゃなくて……?+?=100、こういう頭の使い方!

〇「面白い」を実現するC・C・C型提案C・C・C型提案とは、個々の案の守備範囲はたしかに広くないですが、各案に世の中を動かす企画力がある提案方法です。つまり、どれを採用されても成果が上がる可能性のある、まったく違う趣向性の3案になるのです
「面白い」を感覚で説明しないこと。何かにたとえてみたり、何かと比較してみたり、様々な方法を駆使して「面白い」をわかりやすく論理的に説明します。感覚ではなく論理として理解できれば相手の不安はなくなり、その「面白い」案は通ります

テレビと比較して無法地帯であるWebの世界にはきちんとした秩序が存在していません。と同時にWebの世界ではタブーとされることのハードルがテレビよりも遥かに高い。つまり、Webが急激に発展したことと、テレビを見ずにWebを見る世代が登場したことが、オモロイと感じるタブーの境界線をグンと引き上げてしまった

そしたら女の子の会話が聞こえてきたんです。女子A:B子ちゃんの目ってパッチリしてて羨ましいな~女子B:何言ってんの。A子の鼻もカワイイよ、私と交換してよ~と。こ、これや!

〇僕が考えた企画=アイデアAKB48メンバーの顔のパーツを組み合わせて新しいメンバーを作る。そして商品名でデビューさせる各自の情報に差異がある方がその真意を確かめる為に情報交換が活発になる! 
この傾向を利用して、さらにダメ押しをしました。各メディアに同じ素材を提供せずにあえて情報格差を作って報道合戦を誘発したのです

フレンチの鉄人で有名な坂井宏行シェフを仕掛け人にして、スイーツだと言ってパピコをそのまま出してみると、みんなはどんな反応をするか? というドッキリ企画

リーゼント頭がタンカーになっているキャラクター「造船番長」を作ってコミュニケーションする。普通の広告じゃなくて、学生が大好きな漫画でコミュニケーション。しかも、工業高校のやんちゃな男子が大好きな学園番長モノ

エンジオイル、OEM仲間の経営塾より