ちょっと立ち止まってみる

Pocket

全体に公開

われわれを追い込むのは、仕事そのものではなく、
じつは仕事に絡みついている価値観だったりする。

しばらく、必死に生きないようにしよう。

必死に努力したからといって、
必ずしも見返りがあるとは限らない。
必死にやらなかったからといって、見返りがないわけでもない

これはつまり、好きでもない人を目の前にして
「私、どうしてあなたのことを愛せないのかしら?」と悩むようなものだ。
どんなに努力したって、
愛せない時点で、その人は恋愛対象じゃないのだ。
仕事だって同じだと思う。
やる気の根底には愛情がある

自分の人生なのに、自分の気持ちなのに、
どうして他人の評価によって
大丈夫だったり大丈夫じゃなかったりするんだろう?

これまでほしがってきたものは全部、
他人が提示したものだった

人生にも「ストップロス」が必要だ。
タイミングを逃すと、少しの損失ですむものが大損害になる

ああ、つまんない! 
老人になってから遊ぶだなんて、たかが知れている

実は、ずっとキリギリスになりたかった。
ビビってアリでいただけ

そもそも、「ひとりでいたい」なんていう気持ちは、
結局誰かとつながっているから生まれる

“自分だけの人生”は、多くの失敗の上に出来上がる

目に見えることだけにしか気を配れない
人間にはなりたくはない。
内面も素敵じゃなくちゃ。
それでこそ本当にカッコいい大人なのだから

もしかすると、もっとやらかすべきだったのかもしれない。
たとえ下手こいたとしても

本当にやりたい仕事は“探す”のではなく
“訪れる”ものなのだ

いつかはみんな会社を辞める

僕らの社会は正解が決まっている。
その道を歩まない限り、後ろ指をさされる

思いっ切り夢見ることが許される世の中になってほしい。
心からそう思う。
そして何よりも、特別な夢なんかなくても
幸せでいられる世の中であってほしい

よくわからない未来のためじゃなく、
現在の自由のために稼ぐ

何かを失ったときは失ったことに気を取られて、
何かを得ていることに気づかない。
反対に、何かを得ようとするときは、
それに集中するあまり失っていることに気づかない

われわれは消費者でいる時、
マーケティングの力で、欲しくもないものを欲しいと思わされている。
それは働くことに関しても同じ。

良い学歴、良い企業、良い仕事、良い給料…。
本当は欲しくないキャリアにしがみつくことで、
人生を無駄にしてしまうリスクに気が付かない。

他人の価値基準に振り回されているうちは、
人は決して幸せにはなれない。

エンジンオイルのOEMも、自分たちの価値基準を持って
行いたいですね。

Pocket

グリーンウェーブ

Pocket

全体に公開

信号機の制御で、車が信号機で止まらずに
一定速度で走り続けられるようにすること。
信号機が青になるタイミングを上手くずらして
設定する方法だ。

車の設定速度を決めれば、
青信号の時間差は計算できる。

これが導入されている道路を設定速度で走れば、
信号で止まる回数が減って燃費も向上し、
環境負荷も減らせる。

設定速度よりも速く走っている車は、
タイミングが合わずに、
どこかの赤信号に引っかかって止まることになる。

世の中には、偶然と必然があるが、
このことを知らずに青信号を走り抜ける人には偶然。
これを知って走り続ける人には必然となる。

アインシュタインの名言
「神はサイコロを振らない」

起こることは、みな必然。エンジンオイルのOEMは、そう考えて
真摯な態度で作らなければなりません。

Pocket

フランケンシュタインの序文より

Pocket

「人が創世主のまねごとを試みれば、
恐ろしい結果を招く。」

数多くのSFで繰り返されてきた警告だが、
科学技術が「神の領域」に踏み込んだのは疑いない。

ワクワクするだけでは駄目だ、
おそれ敬う敬虔な態度が大切だ。

原子力発電などが、いい例だ。
ええ加減にやってきたから、このざまだ。
太陽と同じ神のエネルギーを作るのであるから
もっと真面目にやらないといけない。

エンジンオイルのOEMも、敬虔な態度でやりましょう。
神からいただいた仕事ですから。

Pocket

米中貿易戦争の真因

Pocket

中国の産業政策「中国製造2025」だ。

次世代技術ロボットなど10の重点産業を指定、
基幹部品などの国産化比率目標まで掲げて
計画経済そのものだ。
国家の野心が見え見えで、米国を身構えさせた。

この貿易戦争に限れば、米国は経済学よりも
安全保障を優先している。
中国にハイテク覇権を許せば、
軍事覇権も奪われかねないからだ。

大統領がトランプでなくとも貿易戦争は起こった。
エンジンオイルをOEMする私は、そう思います。

Pocket

格差が諸悪の根源

Pocket

ベンジャミン・フリードマン(ハーバード大学教授)

人々が寛容で道徳的なのは、経済が成長し
社会が前進している時代だ。
経済成長の時代には、人々は豊かさや満足度を
他人ではなく過去の自分と比べる。
だから、幸福な気持ちになれる。

ところが、成長が停滞し所得が伸びなくなると
他人と比較するようになる。
そうなると利他主義が後退し、
寛容な社会でなくなってしまう。

経済成長の果実がかつてのように
人々全般にに広くいき渡らなくなった。
一握りの高額所得者が豊かになり、
大部分の中間所得層の所得は増えない。
所得格差の拡大は、諸悪の根源となる。

エンジンオイルのOEMをする中でも、
この諸悪の根源は排除せねばなりません。

Pocket

『一読、十笑、百吸、千字、万歩』

Pocket

内科医、杏林大学名誉教授、石川恭三

近ごろ、情けないことには、
何かしようという気力が俄然衰えてきた。

今さらそんなことをしてもどうしようもないとか、
もうそんなことはできそうにないとか、
いずれそのうちに、
などとすっかり怠け癖がついてしまったように感じられる。

それでもときどきは、こんなことではいけないと
気を引き立てようとするのだが、
結局、しばらくは何もしないでこのままいたら
どうかという怠惰の甘い誘いに乗ってしまうのである。

この気力の衰えにつられて、物忘れが増し、
さらには、理解力も低下してきたようにさえ
感じられるようになった。

さすがにここまでになると、
感度の悪い私の脳信号も黄から赤に変わって、
滞りがちになっている
「一読、十笑、百吸、千字、万歩」を強化せよと
大号令を発してくる。

一読とは、一日に一度はまとまった文章を読むこと。

十笑とは、一日に十回くらいは笑うこと。

百吸とは、一日に百回くらいは深呼吸する。

千字とは、一日に千字くらいは文字を書くこと。

万歩とは、一日に一万歩を目指して歩くこと。

これは、高齢者の生活習慣の改善のために
私がもう三十年以上も前から提唱していることである。

大脳からのこの大号令を受けて、何はともあれ、
気合いをいれなおして、
「一読、十笑、百吸、千字、万歩」を実行することにした。

するとどうだろう、不思議なことに、
体の張りが少しずつ甦ってくるように
感じられてきたのである。

どうやらこれでひとまず「やる気」が取り戻せそうである。

エンジンオイルのOEMをするシニアの仲間も健康は大切。
これを参考にしてもらいたい。

Pocket

日本を守る

Pocket

専守防衛は武道で言うと「後の先」。
先に攻撃してきた相手の動きを見切り、かわし、
逆にこちらが制する。
当然、高い技量や経験が必要だ。
正直、敵のミサイル攻撃には通用しにくい。
そもそも敵ミサイルの発射を正確に察知できないからだ。

敵が発射する前に、敵の基地を叩いてしまう方が確実だ。
これは武道で言うと「先の先」。
相手が動く直前に動いて制する。

武道の極意は「戦わず鎮める」にある。
しかし、これは戦いが招く結果を理解する能力が
相手に無いと不可能だ。

日本守るのは現実の問題。
夢や理想では守れない。

エンジンオイルのOEMをしている、この会社を守るには
「先の先」しかない。
先の事を予想して、ヨソより先に動く。

Pocket

プラシーボ効果は、手術でもあった。

Pocket

「数年前、テキサス州の医師団が複数の患者を対象に、
膝の治療法の効果を比較しました。

具体的には、①関節を削る、②関節を洗浄する、③とくに何もしない、の
3つです。

③の「とくに何もしない」治療の最中、医師団は患者たちに麻酔をし、
膝に3か所の「手術痕」をつくりました。

すると2年後、その患者たちは実際に治療を受けた患者たちと同じ効果を得たと報告したのです。
彼らの脳は、手術が膝をよくしてくれると予想し、手術を受けていないのに実際にそういう結果を得たのです」

信念や思い込みの力は偉大だ。
人間は自分が思った通りの人間になるからだ。
できると思えばできるし、できないと思えば永久にできない。

Pocket

『もっと結果を出せる人になる!「ポジティブ脳」の使い方』

Pocket

全体に公開
みんなの日記

茂木健一郎

自分自身の現状を他人の立場から、客観的かつ冷静に理解することを
「メタ認知」といいます。

「メタ認知」とは、「良い」「悪い」という意味づけをすることではなく、
「自分がネガティブな感情を持っているのは、どういうことなんだろう」と
客観的に受け止めることを意味します。

すると、逆にそれがきっかけとなって、自分のポジティブな感情や行動にまで
たどりつけることが多々あるのです。


たとえば、友だちにものすごく素敵な彼氏ができた場合。

あなたの中に「でもあの男、チャラいところがあるよね」
「そのうち絶対フラれるわよ」といった、
ネガティブな感情が生まれるかもしれません。

そんなときには、「なぜ自分は今、そういうネガティブな感情を
持っているんだろう?」とメタ認知で自分を客観的に理解してみるのです。


すると、「あ、もしかしたら自分も彼氏がほしいんじゃないかな。
でも、今は彼氏がいないから、そう考えてしまうのかも」と
考えを進めていくことができます。

そして、「じゃあ、彼氏の友だちを紹介してもらっちゃおう」
というポジティブなアクションにまでたどり着く…。

こうした「理解」の流れが大切なのです。

そしてそれにより、ただネガティブな感情に惑わされていたときには
生まれなかった「新しい現実」が目の前に出現します。

そうして、あなたの人生はポジティブな方向へと変化していくのです。


仕事の場合でもこれはまったく変わりません。

たとえば同僚の誰かが成功したり、仕事が好調だったりするときには、
「あんなヤツ、たいしたことない」などと
ネガティブな感情が生まれるものです。

けれどもここで、なぜ自分がそんな気持ちになるのか理解してみると、
「自分も成功したいんだ」「いい仕事をしたいんだ」という
本当の気持ちに気づくことでしょう。

こうやって“意識の方向”を変えてみると、
ネガティブな感情で脳のエネルギーを無駄に消費することもなくなり、
気分がとてもラクになるのです。


けれども、こんなときに「根性論」一点張りで、無理やり前向きに
「俺だってスゴいんだよ!自分サイコー!」と
ネガティブ感情を否定してみても、問題はまったく解決しません。

本当に向き合うべきなのは、“ネガティブな感情の向こうにある
ポジティブな感情”です。

どんなときでも「だったら、自分は今どうすればいい?」と考える
「ポジティブ脳」を発揮してこそ、事態は好転していくのです。



座禅をするときに
「数息観(すうそくかん)」という自分の息を数える修行の方法がある。

一呼吸(吐く息と吸う息)を一つと数え、雑念に惑わされない方法。

その時大事なことは、「二念を継がない」という考え方。
二念を継がないとは、例えば座禅をしているとき、
「物音がした」という状態が一念。
二念は、「今の音は何だったんだろう」と
次の疑問やら思いを持ってしまうこと。

それが、三念、四念と次から次へとわき起こると、「妄想」となってしまう。


まさに、「あんなヤツ、たいしたことない」というネガティブな感情も同じ。

そのネガティブな感情にとらわれると、
次から次へとネガティブのループが続く。

ネガティブな感情の裏には、本当の自分の気持ちが隠されている。
そして、「ネガティブな感情の向こうにあるポジティブな感情」に気づくこと。

エンジンオイルのOEMをやっているメンバーは、
「今どうすればいいのか?」という
「ポジティブ脳」を発揮するようにしましょう。


Pocket

『いい「口ぐせ」はいい人生をつくる』

Pocket

佐藤富雄

20代よりも30代、40代よりも50代と年齢を増すごとに、
口にしてきた言葉の歴史が、如実に顔にあらわれ出します。

その人がどんな言葉で人を褒めてきたか、
あるいは、けなしてきたか、
顔を見ればすぐに分かってしまうのです。

素敵な言葉をたくさん使って人を褒め続けてきた人は、
その言葉とおりの素敵な表情を自分のものにしています。

言葉は細胞を動かし、顔つきまで変えてしまうのです。
この原理はどんな場合も変わることがありません。

意地悪なことばかり言っている人は、
いかにも意地悪そうな表情が染み付いています。

乱暴な言葉を口にし続けていれば、
荒々しい表情になっています。

どんな人々とつきあい、どんなことに関心を持ち、
どんなふうに情熱を傾けて
仕事や趣味や活動に向き合ってきたか、
それらもすべて顔に出ます。

どんな言葉を使ってどんなことを考えたか
ということに忠実に脳内神経回路が敷かれていき、
顔の表情ににじみ出てくるからです。

男性もそうですが、女性だったらなおのこと、
顔に無関心ではいられないでしょう。

「人は顔よりも中身が大事」と言ったって、
その大事な中身がすべて顔の表情にあらわれるのですから、
結局は顔が大事ということになります。

目が大きくてぱっちりしているとか、
鼻が高いとかいうようなことが大事なのではありません。

顔のパーツの良し悪しではなく、
はっとするほど素敵な表情をどれだけ見せられるか、
美人・不美人の分かれ目はそこにあります。

男性の場合も、いつまでも眺め飽きない
「イケメン」かどうかは、表情いかんにかかっています。

10代や20代の若い時期にはそこまで気づかなくても、
30代後半あたりから次第に、
「目鼻立ちよりも、表情こそが魅力の決め手なんだ」と、
しみじみ実感するようになってくるでしょう。

50歳を過ぎる頃には、もはや顔のパーツなど、
たいして意味をなさなくなってきます。

若いときにはみんなから「可愛い、キレイ」と
チヤホヤされていた女性が、
また、「ハンサム、カッコいい」と
女性の熱い視線を集めていた男性が、
なんだかパッとしない表情の持ち主になっていて、
がっかりさせられることはよくあるものです。

かと思うと、どことなく冴えない印象だった人が、
いきいきと輝く表情を自分のものにしていて
驚かれることもあります。

「きっと、いい生き方をしてきたんだな」と、
見ているこちらまで心が明るくなります。

その人のことをもっと知りたい、
つきあいってみたいと思わせる吸引力があります。

そうなってこそ正真正銘のいい男、いい女です。

男も女も50、60歳を過ぎて
やっと望ましい成熟を果たした
厚みのある魅力的な顔になるのです。

エンジンオイルのOEMやってる仲間へ、
みんなイイ顔になろうね。

超いいね!コメントシェアする

コメント
川口 達夫

コメントする…

川口 達夫

12時間前 · 「中国国内の状況」仏RFI、台湾中央通信より。裁判所が債務履行不能者のリストに入れた地方政府の数は831。年々返済しきれないままに蓄積されており、地方政府による累積債務残高は18兆元になる。なお民間企業の多くは、年明けの2か月間休暇を取らせるようだ。13あなた、小早川 健一、Jun Sato、他10人コメント4件

すごいねコメントシェアする

コメント
川口 達夫

コメントする…

友達とチャット

ページすべて見る

連絡先

グループスレッド

その他の連絡先 (147人)

Pocket