顧客も社員もワクワクさせる

Pocket

高橋誠

5GやIoTの時代が来る中で、ワクワク感を持って新しいサービスを顧客に提案できるのは素晴らしいことなんだと社内に浸透させたかった。

会社は目指すべき姿があって、それに向かって成長していかないといけない。何を目指すのかを明確に示すのがリーダーである。それに近づく為に利益をしっかり稼いで投資に回す。

だから、会社が目指すべき姿を哲学として定義づけることを最優先した。組織にあっては、それぞれの仕事も違ってくる。共通の思い、哲学が無いと、まとまらない。

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』

Pocket

スコット・ギャロウェイ

Google、Apple、Facebook、Amazon…。4つを総称して「GAFA(ガーファ)」

アマゾンはグーグルにとって最大の顧客だが、検索についてはグーグルにとっての脅威でもある。何かの商品をさがしている人の55パーセントが、まずアマゾンで調べているのだ(グーグルを使う人は28パーセント)

アマゾンのおかげで、ウォール・ストリートはそれまでとは違う基準を受け入れることになった。
「利益は小さく、成長は大きく」である

たいていの取締役会は経営陣にこう問いかける。「どうしたら最小の資本(投資)で最大の儲けを得られるだろうか?」。
一方、アマゾンはこの逆を行く。「莫大な資金がかかるために他社にはできないことで、我々が他社を出し抜けることは何だろうか」。
なぜそれが可能かといえば、アマゾンは他社に比べリターンへの期待が低い資本を集める力を持っているからだ

実際の店舗が消滅するというのは、ひどく誇張された言説だ。
実は滅びかかっているのは店舗ではなく中産階級である。かつては重視されていたその階級と、彼らが住む地域のためのビジネスなのだ

野菜や肉は直接買いたいという消費者が多い

電池のような重要なカテゴリーで、アレクサは自社のプライベート・ブランドであるアマゾン・ベーシックのものを勧める

アップルはいつも他者からインスピレーションを得る(アイデアを盗むときの常套句だ)。

近年のアップルがインスピレーションを得ているのはぜいたくな高級品業界である
ブランドが経営する店舗は、そのブランドにとっての神殿となる。アップルの店舗の1平方フィート当たりの売上げは約5000ドルで、小売業で最高である

アップルは最高の遺伝子を持ち、22世紀まで存続する可能性が四騎士の中でいちばん高いと私は思う。頭に留めておいてほしい。
四騎士の中で、少なくともいまの時点で、創業者と創業当時の経営陣がいなくなったあとでも好調を維持しているのはアップルだけなのだ

フェイスブックはアマゾンより漏斗の上部にある。フェイスブックは“何”を提案し、グーグルは“方法”を提示し、アマゾンは“いつ”それが手に入るかを教えてくれる

★四騎士が共有する「覇権の8遺伝子」
1.商品の差別化 2.ビジョンへの投資 3.世界展開 4.好感度
5.垂直統合 6.AI 7.キャリアの箔づけになる 8.地の利

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『QUEST(クエスト)結果を勝ち取る力』

Pocket

池田貴将

行動は2度作られる。1度目は頭の中で。2度目は現実の上で。

つねに「次にやること」がわかるように、手元に置いておくこの2時間をどう使おうではなく、15分8セットをどう使おうというふうに考える

“自制心”は、「選択する」と減るのです。ですから意思が強い人たちは、「選択の数を減らす」という感覚に長けています

瞬時に判断できないと、その次の行動は「ぱっと見て、なにをすればいいのかわかる行動」に流されやすくなります。
それは主にメールチェックをしたり、スマートフォンを見たり、同僚に話しかけたりといった<惰性のモード>でやるようなことです

先送りしようがないほど、小さな行動を考える

人間が同時に「気にする」ことができる数はだいたい3つくらいだと言われていて、それ以上になったら、意識から外れやすくなります。
だから制限した方がいいのです

カレンダーには、その日に「絶対にやらなくてはいけないこと」だけを書く

“整理されている状態”とは、それぞれが意味しているものと、置かれている場所に違和感がない状態のこと

やるべき7つの順番
1.健康状態を正常にする
2.感情の状態を正常にする
3.人間関係を正常にする
4.時間の使い方を改善する
5.仕事・家庭を改善する6.家計を改善する
7.自己実現と社会貢献

ToDoリストは、行動の自然な流れを表現していない

おすすめしたいのが、「今日のあらすじ」を書き出すこと
「今日のあらすじ」を書く上で、優先したい事項
1.その状況でしかできないこと
2.その時間の長さでしかできないこと
3.すぐにできること

やめられない習慣をやめたり、やりたくない習慣をはじめるためには、その習慣にくっついた感情を変えない限り、長くは続かない

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『amazon(アマゾン)』

Pocket

成毛眞

CCCとは顧客から代金を回収するまでの期間である。なんと2017年12月のアマゾンのCCCはマイナス28.5日だった。つまり、物を売る約30日前に手元に現金が入っている

プライム会員ではない一般ユーザーの年平均消費額は700ドル。これも決して小さくない数字であるが、プライム会員はその倍近い1300ドルの購買をしている

築き上げた物流網を使って、アマゾンはアメリカの都市部で、自社の荷物以外の配送をスタートした。
宅配便などの物流業者もまた「アマゾンによる支社リスト」に組み込まれるかもしれない

法人向けの金融事業も手がけている。アマゾンマーケットプレイスに出店する企業に対して融資するサービスをしているが、最近では銀行業に参入するのではとの観測も広まる

本業をする上で生まれた技術やサービスで横展開できそうなものがあったら、それを育てる。あるいは、近接する領域の事業があったら、それに乗り出す

マーケットプレイスで扱う商品は、アマゾン直販の品数の30倍以上で、約3億5000品目にも上る

中小企業にとっては、FBAは海外展開の足掛かりにもなる

アマゾンでは、これらスタートアップ商品に対して、助言するサービスまで登場している。スタートアップをいち早く取り込むと、新しい商品が早く売れて長期的な機会ロスを防ぐことができ、また大きな市場が作れることを知っているからだ

いつも同じ低関与商品を、店頭ではなくアマゾンで買わせるのがアマゾンダッシュボタンである

ADRSは、そのIoTの機能を組み込んだ機械が、消耗品が少なくなったタイミングでアマゾンに自動的に注文する仕組みだ

アマゾンは、商品が発売される30日前にすでにお金が手元に入っている

自社のために開発したシステムを売り物にするのが定石

アマゾンは米テキサス州で、風力発電事業にも投資している

特にここ数年のアマゾンの物流の強化には目を見張るものがある。商品輸送用に購入した大型トレーラーは4000台以上だ

国家の枠を超えた超国家的存在になり、いまだに膨張を続けるアマゾンは21世紀のローマ帝国といえるかもしれない。ネット通販もクラウドサービスもAIスピーカーも、すべてのITという道はアマゾンに通じているのだ

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『運の技術』

Pocket

角田陽一郎

神様にプレゼンして願いを叶えるとは、お水取りやパワースポット自体に霊力があるかどうかは実は問題ではなく、「わざわざその時間・その場所に行った」という自分のなかの覚悟や決意、その面倒くさいことにコミットしたという事実が、脳内を活性化させ、結果として目標達成に近づく。
これは開運メカニズムの基本です「運を上げる」とは「自分ごと化する」こと

自分の名前で勝負すれば運が開く

世の中で一番時間を守らないのは普通のサラリーマン

とにかく流行りに首を突っ込んでみる、誘いには可能な限り乗ってみる

運を開くには、相手を人間扱いすることです

運というのは、「富士山に登ろうと思ったら悪天候で登れなかったから、隣の低い山に登っちゃったけど、意外と絶景だったね」みたいなこと

自分が飽きるタイミングと、世の中に飽きられるタイミングにはギャップがある

「自分に飽きない」のは開運のための重要なポイント

やりたいことに「いい名前」をつける

ルールを無視してでも「得」をとる

整ったものは、むしろおもしろくない。少しの遊び、多少の不格好さ、若干のバランスの悪さ。そこにチャーミングや愛嬌が顔を出し、人を引きつけるのです

「若さ」だけを売りにする人に運は来ない

自分がよくても味方が悪ければ仕事は来ない

あなたの行動や振る舞いに道理がないと、味方になってくれる人が結果的にどんどん減っていく

先に冷徹な「線」を引いてしまっては、渦のように運を引き込むことは一生ない

必要条件を十分条件にするのは個人の熱量バッファがないと「運」が入り込めない

運を呼び込むのは、自分の意識であり、周りの人のその人への評価、そして偶然のスパイラル。こういった見えないものが、新たなチャンスを運び、結果として成功をもたらすのです。

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『一人になりたい男、話を聞いてほしい女』

Pocket

ジョン・グレイ

男性的な仕事をしている女性は、男性ホルモンと女性ホルモンの健全なバランスをとるために家庭では女性らしさを表現すべきだ。このバランスが、うまくとれなければ、退屈や不満、空虚さ、不安などを感じやすくなる

現代の女性は、気持ちの分かち合い、恋愛感情、親密なコミュニケーション、対等な尊重といった、新しい愛の表現を求めている。また、自立や自己表現も強く求めるようになった。
男にも、女性とは違う新しい心のニーズがある。男は“パートナーを幸せにしている”と思いたいのだ

肉体労働や弁護士などの従来は男性が担ってきた仕事をすると、男女ともに男性ホルモンであるテストステロンの分泌が刺激されやすい。一方、保育士や看護師などの従来は女性が担ってきた仕事をすると、男女ともに女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が刺激されやすくなる

抑えてきた男らしさや女らしさを表現すると、大きなエネルギーが解放される。本当の自分を、わずかでも表現すれば、生きている実感や活力、愛情や人生への情熱が高まる。
女性にとってやるべきことは、相手の男に“人とは違う自らの才能の表現”という男らしさを十分に目覚めさせることだ
男性にとってやるべきことは、相手の女に“愛と献身”という女らしさを十分に目覚めさせることだ

男と女は生物学的に大きく異なるため、ストレスを減らし、幸福感と充実感を増やすのに必要なホルモンも違う

男女とも、自立や冷静、問題解決などの男性的特性を表現するとテストステロンが分泌されて気分が良くなる。
だが、男はテストステロンによってストレスが減るが、女性のストレスを減らすには、女性ホルモンの分泌を促す女性的な行動が必要になる

刑務所にいる男性は女性の約9倍

男性の約2倍の女性が会社を病欠する

男は“洞窟タイム”で自分の殻にこもることが必要

女性はストレスを感じると、感情的に反応しようとする。これは過剰反応ではない。問題の重要度を確かめ、解決のために誰かの手助けを得られないかを探るための適切な反応であり社会的に生きている女性の特性だ。

問題に出くわすと、男は解決したがり、女は話をしたがる

月経周期中のホルモンの変化に注目すると、女性が最適な行動(相手時間、二人時間、自分時間)をとるべき時期がわか

人生において、意味と目的は男が優先したいもの、愛情と幸福は女が優先したいものだ。

「それぞれのジェンダーの特性をよく知っていれば相手に寛容になれる」。

Pocket

『弱い者いじめはしない』

Pocket

小林正観

子どもに向かって腹を立てる、怒る、怒鳴る、声を荒げる、お母さんがいました。「確かに怒鳴ったり怒らない方がいいとは思いますが、子どもが口答えをすると、本当に腹が立って、もっと激しく言い返してしまうのです」
イライラしているのは自分、イライラしなくなるのも自分です。子どもに対して、つい強く言ってしまうというのは、その方の弱い者に対する態度を示しています。
もし子どもが見上げるような大男であるなら、たぶん怒鳴りつけたりしないでしょう。自分よりも体が小さくて弱い立場だから怒鳴っているのです。そういう意味で弱い者に対して刃が向いている。

ですから私は、そいうことを辞めるように提案しました。そうすると、そのお母さんは、こう答えました。「でも、世の中のお母さんってみんなそうですよね」「でも」と話をかわす方は、みなさん同じようなことをおっしゃいます。「はい、分かりました。よく分かりました」とはなかなか言いません。「でも、世の中の人って、そうしてないですよね」「だって、みんなそういうふうにしていますよね」などと、同じようなパターンで話をかわそうとします。

自分の問題として受け入れなくてはいけない時に、必ず「うっちゃり」をくわせようとするのです。これをひと言で言えば「素直でない」と言えますね。
「受け入れない」ということを前提に一所懸命考えた結果、出てくるのが、そのうっちゃりの方法です。受け入れることができたら、たぶん「分かりました」と言うに違いありません。世の中のこと、世の中の人たちはどうでもいいのです。実際に世の中の大多数の親が子どもを怒鳴っているのか、感情的に声を荒げているのか、私には分かりません。
「世の中はそうなっていますよね」と言うのは自分の都合のいいように言っていることに他なりません。9割方の親は怒鳴っていないのかもしれないのに。

自分に都合の悪いことを言われた時に、「世の中の多くの人がそういうふうにしているじゃないか」とうっちゃりをすることは辞めることにしましょう。「そうか、それを辞めたら自分は楽になれるんだよね。それを辞めたら子どもと関係が良くなるんだよね」と思ったら、素直にそれをやってみてはどうでしょうか?自分の問題として「そうじゃない方がいい」と言われたら、「なるほど、そうですね」と受け入れた方が自分が楽になります。

また「怒る」という行為は、たいてい自分より弱い立場の者に向かって発せられる。自分より強い立場の人に向かって「怒る」ことはなかなかできない。
怒るという行為は、弱い者いじめであり、卑怯な振舞だ。弱い者に対する態度で、その人の人格のレベルが分かる。

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

鈍感力

Pocket

どんなことに対しても一喜一憂しない心をつくるとものすごく人生が楽になります。何を言われてもニコニコできる強靭な魂に必要なことは実は、「ぼ―っ」とすること。

メンツやプライドを一生懸命に守ろうとする人は、実はものすごく弱い人なのです。自尊心が傷つかないように、身や心を守るのではなく、バカにされてもあざけられても、いっさい傷つかないで「そうなんですよね、ふふ」と言える人。これが本当に強い人だ。

テレビの討論番組を見ていても分かるが、相手を論破しようと、感情的になって大声を出したり、威嚇したりしても、たいていの人は論破されたとは思っていない。むしろ、感情的になっている人の方が見ていて恥ずかしい。その反対に、「柳に風と受け流す人」や「さらりとかわす人」、「うまくやり過ごす人」の方がカッコいい。

うまく受け流したり、かわしたり、やり過ごすのに一番いい方法が、「ぼーっ」とすること。「なにかと攻撃的な人に対しては」人間関係において、「ぼーっ」とすることは、時にとても大切だ。

『幸せとは、健康で記憶力が悪いということだ』
(アルベルト・シュバイツァー)

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『生涯現役』

Pocket

田中真澄

アメリカと比べて、日本が大きく遅れをとっていることの一つに、老年学(ジェロントロジー)の研究とその成果の普及があります。人間の加齢と高齢者の生き方を研究する老年学が、アメリカでは35年前から盛んです。

アメリカにはすでに500の大学で老年学が講義されており、老年学を専攻する学部が31あります。その結果、いろいろな関係機関で老年学を学んだ人々が数多く活躍し、老年学の研究成果を世に広めています。

一方、日本の大学には、老年学を学ぶ学部・学科どころか、教科書すらありません。それだけに一般の私たち日本人は、老後の人生に対する最新の研究成果を知ることができず、老年学の専門家の指導も受けることができずにいます。

したがって日本の多くの人は今だに古い老後観のまま、自分の老後を考えています。最近の老年学は、高齢者とは英知を備えた貴重な社会的資源(社会的に役立つ人材)とみなし、高齢者も社会貢献をしながら、生き甲斐のある人生を送るべきであり、そういう日々を歩むことが高齢者の成功(サクセスフル・エイジング)である、という新しい概念を提唱するようになっています。

つまり、老後は趣味を生き甲斐にするのではなく、仕事を生き甲斐にしようという考え方が、老年学の基本になってきているということです。しかし、日本では、この新しい概念で自分の老後の人生設計している人は、まだまだ少数です。ほとんどの高齢者やその予備軍である定年退職者は、社会的な貢献をするために、老後、自分はどのような仕事をなすべきかという、仕事に対する積極的な準備も認識もなく、ただ年金と退職金を当てにする社会保障制度依存の姿勢に終始しています。

かつてアメリカのスタンフォード大学が90歳を過ぎた高齢者に「自分の人生で何が悔やまれますか」という調査をしたところ、その回答の上位3項目は次の通りでした。

1. もっとリスクを負えばよかった。

2. もっと何かを学べばよかった。

3. 子供を育てる以外にももっと何かをすればよかった。

このアメリカの高齢者が抱く後悔の念は、これからの日本の高齢者にもそのまま当てはまると思います。なぜならば、日本の高齢者もだんだん後半の人生においても生き甲斐を求めるようになってきているからです。

その生き甲斐とは何かについて、哲人はそれぞれの著書に書き残していますが、最も多い答えは、「生涯を貫く自分の仕事を持つ」ということです。自分の得手とする仕事(天職)に生涯従事できれば、結果的に、その行為は世のためになるわけですから、自分にとってはもちろんのこと、社会的にも素晴らしいことです。

定年後、自分の仕事を持つことなく社会的に存在意義の乏しい生活を長く続けていると、次第に活力をなくしていきます。やはり人間はどんなに年を重ねても、自分が打ち込める仕事を持ち、社会的な責任を全うしてこそ、最も生き甲斐のある日々を享受できるというものです。このことは、あらゆる時代に当てはまる、不変の真理です。

■『 Life Shift (ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』

『人が長く生きるようになれば、職業生活に関する考え方も変わらざるをえない。人生が短かった時代は、「教育→仕事→引退」という古い3ステージの生き方で問題なかった。しかし、寿命が延びれば、2番目の「仕事」のステージが長くなる。引退年齢が70~80歳になり、長い期間働くようになるのである。

人々は、生涯にもっと多くのステージを経験するようになるのだ。選択肢を狭めずに幅広い進路を検討する「エクスプローラー(探検者)」のステージを経験する人が出てくるだろう。自由と柔軟性を重んじて小さなビジネスを起こす「インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)」のステージを生きる人もいるだろう。さまざまな仕事や活動に同時並行で携わる「ポートフォリオ・ワーカー」のステージを実践する人もいるかもしれない』

「生涯現役こそ最高の年金」であり、「人生は未完に終わるもよし 仕事の途中で天寿を全うする、 これが最高の人生」。

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾

Pocket

『運がよくなる法則』

Pocket

植西聡


運が良い人というのは、不思議なくらいみんなパワフルです。
そして実際に、元気です。
彼らは、元気そうに見えるだけでなく、実際に健康です。
少しくらい睡眠時間が足りなくても、笑顔で乗り切るスタミナを持っています。

「お元気ですか?」と聞くと「ああ。忙しいけど元気だよ。健康だけが取り柄なんだ」なんて言って、いつも笑っています。

考えてみてください。
あなたの近くの上り調子の人たちは、みんな驚くくらい元気だと思いませんか?
そしてプラスの言葉を発していると思いませんか?

いつも青白い顔をしていて、いつもいつも口を開けば、
「最近、体調が悪いんだよ。病院で検査を受けてこようかなあ」
などと言っている人が、
大きな成功を手にしたなんて話、聞いたことがありません。

運の良い人たちは、心の状態がプラスになっていることで、健康状態さえも整えているのです。
そして、プラスの心がプラスのパワーを呼び込むことで、さらに健康になっていくのです。

「体力に自信がなくって」と言う人は、いつもそう言っていることで、実際に体力を失っています。
「胃が痛いことばかり起こるんだよ」と言っている人の心は、マイナスのパワーで一杯です。
そのため、実施にマイナスの力を引き寄せて、自分で胃を痛めているのです。

ツイている人を目指すなら、目標の中に、「健康であること」も付け加えましょう。
そして、「私は元気です」と口に出す習慣を始めてみましょう。
そう言い続けているうちに、本当に健康になる自分に気づくはずです。

同時に、寝る前にストレッチをしたり、朝少し早く起きて呼吸法をしてみるなど、体力作りのための行動を始めれば、あなたの健康運はますます上昇するでしょう。

ツイてる人は、自分の体調もコントロールできます。
「いつも元気です」と言って、実際に健康を保っています。
あなたも言葉を上手に使って、健康な人になってください。

エンシンオイル、メーカー、OEM仲間の経営塾



Pocket