怒りを抑える魔法の言葉

Pocket

歴史上の人物のなかで織田信長が好きなんです。

織田信長って、考え方が新しすぎるから、
まわりの人に理解されなかった武将です。

戦国時代、信長が思い描いていた未来のことは、
その当時の人には先進的すぎて、
わからなかったんだと思います。

だから、まわりの人からは「あいつは頭がおかしい」
「あいつはバカだ」と、よく言われていたのではないかと。

会ったことがないから、よく知りませんが(笑)。

で、信長の時代にかぎらず、新しいことをやろうとしたり、
人と違うことをやろうとすると、
まわりは理解してくれなかったりします。

だから、あなたが罪悪感を捨てて、
自分らしく、自由に生きようとするときには、
理解してもらえなかったり、
反発を受けたりするかもしれません。

そんなときに、おすすめしたい手法があります。

それは、次の言葉を言うことです。

「まあ、よい」

この言葉は、罪悪感を蹴散らす言葉になるんです。

たとえば、遅刻してしまったときに、「まあ、よい」。

あるいは、夜中にお菓子を食べてしまったときに、
「ま、ま、ま、まあ、よい」と。

言っているうちに、だんだん笑えてきます。

これは、他人に対しても使えます。

たとえば、夫が自分の言うことを
聞いてくれなかったときにも、「まあ、よい」。

上司がぜんぜん理解してくれなかったときにも、
「まあ、よい」。

でね、夫が、上司が、あるいは妻や子どもや部下が、
思いどおりにならないとき、
まずは、そこで相手を一回責めてみてもいいんです。

責めてもいいし、怒ってもいいし、落ち込んでもいい。

一回は、こういう気持ちが出てきてしまうのは、
もうしかたないから。

で、「ああ、腹立つ!」「ああ、ムカつく!」のあとで、
「まあ、よい」と言えばいいです。

ちょっと今日から口グセにしてほしいなぁと思います。

エンジンオイルのOEMの時にも、「まあ、よい。」
ただし、品質については妥協はいけません。

Pocket

感謝の心で生きる

Pocket

「『私は誰の世話にもならず、老後もひとりで生きていく』と
言った方がおられました。

そういう考え方で生きるのもよいと思いますが、
人間は、生きているかぎりまわりに迷惑をかける存在です。
だとしたら、

『自分は無力でたいしたものではないのだから、
人に迷惑をかけながらでしか生きられない』
と思い、まわりのすべてに感謝し、
手を合わせて「ありがとう」と言いながら生きていくほうが、
ずっとラクに生きられるような気がします」

我々は、人に限らず、植物や動物に迷惑をかけながら生きている。
食料として多くの動植物を殺傷し、それを食べているからだ。

自分が迷惑をかけて生きている、
ということを自覚している人のことを謙虚な人、という。

謙虚な人は相手やまわりに、感謝しながら生きている。

「私が」「私が」という「我(が)」が強い人は、
自分中心の「利己の心」で生きている。

「おかげさま」という「下座(げざ)」(下・げ)の心で
生きている人には、「利他(りた)の心」と「感謝の心」がある。

エンジンオイルのOEMも「私を選んでくれてありがとう」という
感謝の心で生きるべきですね。

Pocket

「本来の自分にリセット」

Pocket

認知行動療法研修開発センター、大野裕

本人も意識しないうちに、仕事用の外向けの顔になる。
考え方も仕事中心に偏ってくる。
心の内面が置き去りにされたまま、
外向けの顔が、いかにも自分であるかのように
感じられてくる。

精神分析に、こんな表現がある。
フォールス・セルフ(偽りの自己)と
トゥルー・セルフ(真の自己)だ。

仕事中心の生活をしていると、周囲に合わせた、
偽りの自己だけが肥大化してしまう。
これは、精神的な不調の要因になる。

そうした時に、自然に身を置くと五感が刺激され、
本来の自分を取り戻すきっかけになる。

うつ病などの精神疾患の治療に役立つだけではない。
毎日を忙しく過ごしている私たちの心の健康にも役に立つ。

エンジンオイルのOEMも、忙しいからといって
あまりにも仕事中心の生活になり
真の自己を見失わないように気をつけねばならない。

Pocket

「潜在意識に刷り込まれた5つの間違い」

Pocket

 ダン・ケネディ

1.お金には限りがある

ほとんどの人は、富はゼロサムゲームだと思っている。
つまり、他人を犠牲にして大儲けする類のものだという先入観を持っている。

限られたパイの中から、自分だけが多く取ろうとする事に、
罪悪感を感じてしまう人は多い。

2014年2月、世の中に出回っているお金は円だけでも、
204兆円。
金融緩和で、更に増え続けている。
どれだけ頑張っても、そのお金を独り占めする事は不可能。
海の水をバケツですくうようなもの、
これでもお金を稼ぐことを、躊躇しますか。

2.セールスは悪

セールスとは、相手からお金を奪うものだ。
売る事に、罪悪感を覚えてしまう人が多い。
その罪悪感から、頼まれもしないのに、
こちらから値引きしてしまう。
これは、商品の価値を自ら下げてしまう行為である。

値段が高過ぎるのでは?
このお客さんには払う余裕がないのでは?と決めつけてしまう。
そして、二の足を踏んでしまう。
買うかどうかを決めるのは、お客さんである。
その商品が、お客さんを救うかもしれない。

良い商品なら、お客さんの役に立つと思うなら、
躊躇することなく売る事です。

3.良い考えを持てば、お金は引き寄せられる

豊かさをポジティブに捉えていれば、
自然と富が集まってくるという法則は、
もっともらしいが、事はそれほど単純ではない。
お金が動くのは、現実の世界だ。
精神の領域で、ただ想像しただけで手に入るものではない。
お金は、物質的領域にある。行動の見返りに手に入るのだ。

お金というのは、道義や道徳とは無関係である。
中立な市場原理によって分配される。
どんなに善人であっても、精神性を高めたとしても、
それでお金持ちにはなれない。

4.好きな事をやっていれば、お金は後から付いてくる

富はビジネスから生まれる。
ビジネスは、マーケットの要求に応えるものであり、
自分の喜びを得るためのものではない。
あなたの情熱や楽しみに対するマーケットの需要など
ほとんど無いと言ってもいい。

マーケットが求めているのは、病気の治療であったり、
抱えている問題の解決であったり、
欲求や願いを叶えるための商品やサービスだ。
最小限の労力と時間で、溢れるほどの富を得たいと思っているのなら、
自分の能力を最大限に発揮できるニーズを見つけ、
それに応える事だ。

有望な、なるべく手つかずの市場を発見し、
その市場が求めるモノを見定める。
その市場の中に目的を見出し、
市場の発展の為に情熱を傾ける。
その結果、富を引き寄せる事になる。

5.富と収入は同じもの

富を増やす為には、
いかにして今の収入を増やすかという事に、
ほとんどの人はフォーカスする。
これを現在預金と言う。
この預金は、どれだけ増やそうとも、
使えばすぐに無くなってしまう。

富を築く人は、違う考え方をする。
同じだけの労力と時間を使って、
価値や資産を増やす事にフォーカスする。
これを未来預金と言う。

収入は、その時限りのモノですが、
価値や資産はいったん築けば長続きする。
そこから継続的に、お金が生み出されるからだ。
ほとんどの人は、いかに収入を増やすか?ばかりを考えて、
価値や資産を増やそうとはしない。
その結果、いつまでたっても
自転車操業から抜け出せないでいる。

ビジネスにおける現在預金は、売り上げや利益、購入者数だ。
ほとんどの起業家は、これらを増やすための努力をする。

未来預金となるのは、実は顧客リストなのだ。
長期的に成功している企業家のほとんどは、
この顧客リストを増やし、
顧客との信頼関係をきちんと作るために、
時間もお金も労力も厭わない。
なぜなら、そうすることで、
その顧客リストから将来的に継続して
お金が生み出せるからだ。
それだけではない。安定した売り上げと利益は、
精神的な安定や自由な時間を も同時に生み出す。

エンジンオイルのOEMも、これらの間違った潜在意識を
取り払って行わねばなりません。

Pocket

認知症

Pocket

大西睦子

米国のベビーブーマー世代は、介護施設にいる
親の状況を確認しながら、
自分の将来の準備を始めている。

まず、どうやって介護施設の費用を支払うかという問題である。

認知症の患者は、がんや心臓病の病気と比べて費用が桁違いに高い。
薬や検査ではなく、
誰かに1年中24時間のケアをしてもらうためだ。

脳にアミロイドβがみられても、
記憶の低下や神経系の症状がない70歳の男性では、
生涯のアルツハイマー病の発症リスクは19.9%と推定される。

つまり、これらの検査でリスクが見つかっても、
多くの人は、症状が出る前にほかの原因で死亡する。

アルツハイマー病治療薬の治験は、ほとんどが失敗し
当面治療法は出てこない。
認知症を早期発見しても、
生涯発症しないアルツハイマー病に
余計な不安を抱くだけとなる場合が多い。

長生きすれば、誰もが認知症のリスクは高まる。
私自身も将来のリスクに備え、
介護や死に方について計画を立て、
事前指示書に示した。
あとは気にしても仕方がないので、
気楽に自分の人生を楽しもうと思う。

エンジンオイルのOEMも、これでいきましょう。

Pocket

適材適所の現実

Pocket

江波戸哲夫

生まれたばかりの企業には、
机上では正しそうな適材適所をやる
人間的・時間的ゆとりなぞ無い。
とにかく人を集めて仕事に当たらせて
スタートしなくてはいけない。

それでなんとか創業期を乗り切り、
その間に合わせの人事の中から、
営業の神様が生まれたり、
世界的研究者が出現する。

つまり、人事の本道は適材適所ではなく、
仕事が人を作る、なのである。

それが分かっているから、
ほとんどの企業では、適材適所ではなく、
組織の都合で人事を行っているのだが、
この言葉だけは、なぜか大きな顔をしている。

建前としては立派な言葉であるが、
この言葉のおかげで
「僕は自分に適していない仕事をやらされたから
本当の力が出せないんだ。」と
自分の怠惰の言い訳をする
若いサラリーマンもでてくるだろう。

仕事に作られるためには老いも若きも
適材適所に惑わされずに
たまたま縁を持った仕事に全力投球するほかにない。

エンジンオイルのOEMも、これが天職と思い
一所懸命にやりましょう。

Pocket

制約の中に豊かさを求める

Pocket

石田秀揮

従来の豊かさの概念を変えて 
新しいライフスタイルを創るのが一番大事ですが、 
それが難しい。

研究により、20~60歳ぐらいの人は、まず利便性、 
そして自然や楽しみを欲し、 
続いて社会との一体感や自分の成長を求めている 
ことが分かりました。 
さらに分析すると、 
制約を超えて何かを成し遂げた時に 
愛着や達成感が湧く。

制約が人を育てる。 
まさに昔の人たちが経験してきたことです。

昔の人が今の人と違うのは、 
生活が苦しくても必ず楽しみや遊びを見つけている。 
自然に生かされていることを知りつつ、 
自然を思いっきり自由に使っていました。

もう一つは、コミュニティーの力の強さです。 
今は、お金で便利な技術やサービスを買え、 
コミュニティー無しでも生きられるようになった。

しかし、私たちは本質的には、つながりを求めている。 
それを新しく創るのが私たちの仕事です。

日本の文化を作った生活原理は、 
自然に寄り添い暮らす 
助け合う仕組み 
家族みんなが役割を持つ 
など44の言葉に集約された。

沖永良部では、自然が圧倒的に強く、 
食、集い、楽しみという3つの柱を 
仕事が横軸でつないでいた。 
ワークとライフが完全に重なり 
コミュニティーがその接着剤になっていました。

これをベースに、昔に戻るのではなく、 
新しいライフスタイルを再構築したい。

ワークとライフが重なる。これが理想ですね。
昔は職=生活だった。
それを生業(なりわい)と言ってましたな。

エンジンオイルのOEMも、これで行きましょう。

Pocket

ソロエコノミーの襲来

Pocket

荒川和久

ソロで生きる力って、逆説的ですが 
人とつながる力です。 
家族や職場以外で、 
話し相手は、いますか ?

家族に唯一依存するんじゃなくて、 
他につながりを作ることは 
自分の中に新しい自分を生み出すことになります。 
自分の内面の充実化につながります。

仕事の習慣しかない人がいる。 
それなら仕事でいいんです。 
仕事で職場内だけじゃなく、 
外でも人とのつながりを作っていけばいい。 
没頭できる何かがあるって、 
幸せなことです。

所属するコミュニティーから、 
接続するコミュニティーへ変わる時代になった。

無理に友達や趣味を作らなきゃと 
思う必要はありません。 
本でも旅でも接続するコミュニティーになります。 
いろんなものとつながって、 
自分の中に、多様な自分を作ってほしいですね。

エンジンオイルのOEMもこうでなくてはなりません。
会社をみんなが接続してくれるコミュニティーにしなくてはならない。

Pocket